施工事例:トイレ交換

トイレの交換で最初に気にするのが値段ですが広告の特価品は、一般的には量産型などと呼ばれたり、 廉価など言われますが全てが悪い訳ではありません、 但し便器が割れたなどの理由で交換するのでなく、 リニューアルであれば欲張るなら中途半端な型落ち品より、現代の最新モデルや詰まりなどの心配の少ないタイプを選んだ方がレストルームが見違えてくるのではないでしょうか、

近年では残念ながらリフォーム時リノベーション時に便器選定を排 水管の位置や距離、勾配と下水管の状態を把握しないまま交換してしまい新築なのにトイレ詰まったなど実に多いです。メーカーショールームにて次に使いたい便器をリストアップして水道業者に、排水管も含めた選定をお願いして下さい。リフォーム業者さんにお任せする際も心配事がございましたら、水回りは取り返しが出来ません。まずはご相談下さい。あなたの御宅のベストマッチ便器をご案内させていただきます。

コメントを残す