施工事例:便器フラッシュバルブ修理

便器フラッシュバルブとは、和式の便器で見かける用を済ませた後のボタンやレバーの水を流す装置です。特に小便器ではよく見かけると思います。

今はセンサー式になってますが基本構造は同じです。節水型トイレの真逆とも言えるかと思います。
今はセンサー式になってますが基本構造は同じです。節水型トイレの真逆とも言えるかと思います。沢山の利用者がいる公衆トイレやビルのトイレには、必需品と言えます。一度の操作で必要な水量を送り出して弁の作用で勝手に水が止まります。原因の多くはピストン部品のゴミ詰りです。その水が止まらなくなると慌ててしまいますよね。。

本来、パッキン以外の器具の分解は資格が必要ですが、スパナ等で蓋の部分を開けると弁の部品がありますので取り外します。
小さなゴミがついていないか丁寧に洗ってお掃除してみて下さい。軽い不良ならこれで直ります。
また、部品を傷つけないように出し入れする必要もあります。誤って傷をつけると水漏れしますので注意してください。

本体を交換すると、本体代金だけでも3万円程度かかります。
配管に錆びが入ると器具の不良、水漏れを引き起こしますので古くなった水道管は壊れる前に、交換をお勧めします。