蛇口の水漏れ対応

蛇口のバルブ開閉部を含めた本体中央部から水漏れを起こして
いる際、蛇口本体の修理や交換が必要です。

この場合、他の配管接続部からの水漏れも同時に起きている場合もあります。

今回の蛇口の水漏れ修理

今回はまず、蛇口を脱着してからのパッキン交換をし、他の水漏れを治します。

すると、ハッキリと蛇口本体から水が漏れている事が素人目にも確認できます。

今回は蛇口を交換し、修理対応いたしました。

蛇口水漏れ修理をする時の注意点

修理をする際、二度手間になりますので最初から蛇口の本体交換が本来は望ましい対応です。

ですが、残念ながら多くの管理会社やリフォーム会社の対応は、カードリッジ交換と脱着後のパッキン交換の後、それでも治らない場合の蛇口の本体交換という流れになります。

費用と日程が少し多めにかかってしまい、請求されるお客様への負担が大きいです。

蛇口は保証がたったの約2年ですので、短いですが10年前後での本体・部品交換が望ましい形になります。

コメントを残す